2018年2月17日土曜日

オープンハウス×京都・奈良調べ学習×6年生

2月17日に
オープンハウスが
行われました。

各学年で趣向を凝らした
発表が行われましたが
6年生にとっては
最後の学習発表会
となります。

6年イマージョンクラスでは
Independent Projectと
修学旅行の
調べ学習の発表
が行われました。
グループで観光ガイドとなり
京都・奈良の名所・お土産などを
日本語で紹介しました
 Independent Projectでは
自分で課題やテーマを設定し
計画を立てて
全て自分で取り組みます。
その成果を英語で
プレゼンテーションしました。

オープンプラン6年生の教室では
京都・奈良の修学旅行の調べ学習と
iPadを使ったプレゼンテーションが
行われました。
またロイロノートでの
「世界調べ」
「歴史クイズ」
プログラミングアプリを使った
オリジナルゲームの発表・体験会が
行われました。
 

6年生は今回のオープンハウスを通して
京都・奈良について調べたことを
2泊3日の修学旅行で
自分たちの目で確めてきます。


卒業まで1ヶ月をきりましたが
6年生の学習はまだまだ続きます・・・













2018年2月10日土曜日

オープンプラン6年生×新作ゲーム×Pyonkee

オープンプラン
6年生の取り組みが
PyonkeeのTwitterに
紹介されました!


さらなる開発を目指して
子供たちがアイデアを練り
仲間と試行錯誤を繰り返しながら
取り組んでいます。
混雑する道路から
「敵」を撃つシューティングゲーム
カニにさわらず魚を移動させるゲーム

子供たちの 
作ってみたい!
やってみたい!
という思いを
具体的な形にできるのが
プログラミング
だと思います。
また
ゲーム製作のプロジェクトを通して
自分たちの大好きなゲームや
アプリを作ることが
どれだけ難しく
時間のかかることなのか
それを身をもって学ぶ場にも
なっています。
だから
もっとすごいものを創りたくなる
さらに探究したくなるのです。

オープンプランの
プログラミングの授業では

これからも
子供たちのアイデアや思いを
プログラミングによって
実現していきます。

前回までの取り組みは
こちらをご覧下さい。
http://katoh-elementary.blogspot.jp/2018/01/6.html

今回使用した
Pyonkee(ピョンキー)
合同会社ソフトウメヤが
MITメディアラボの
Scratchソースコード
ライセンスに従って
Scratchをベースに開発した
iPad用のアプリケーションです。
AppStoreから無料で
ダウンロードできます。

詳しくは
以下のWebサイトをご覧ください。

http://www.softumeya.com/pyonkee/ja/

https://twitter.com/PyonkeeTeam












2018年1月31日水曜日

汗をかこう週間 ファミリーグループでなわとび!

毎年恒例の
汗をかこう週間が
終了しました。

今年度は
1月24日縄跳び集会
(5年生の技の紹介)
25・26日
ファミリーで縄跳び練習

29・30日
ファミリーで長縄練習

31日
長縄チャレンジ

の内容で行いました。
ファミリーグループは
1年生から6年生までの全ての
学年の児童で構成される
縦割りグループです。
最終日の
長縄チャレンジでは
5年生のリーダーを中心に
グループごとに目標を設定し
5分間で何回跳べるのか
記録会を行いました。
寒い日が続きましたが
初等学校の子供たちは
この寒さに負けず
元気に活動すること
ができました。

保護者様
朝早くからのお弁当作り
送迎
誠に有難うございました。

ICTクラブ×赤外線・タッチセンサー×プログラミング

ICTクラブ 
ロボットプログラミングの
2回目の報告です。

前回はiPad用の
アーテックプログラミングアプリ使って
ロボットカーを
「前進・方向転換・停止」させる
課題でした。

今回は「赤外線センサー」によって
「ロボットカーを停止させる」課題に
取り組みました。
これは自動車の
衝突回避システムの仕組みに
通じるものです。
子供たちはグループで
試行錯誤しながら
障害物がセンサーに反応すると
運転が止まる仕組みを
プログラミングしました。

次に赤外線センサーに加え
「タッチセンサー」を前後に付けた
ロボットーカーを製作しました。

こちらも障害物に当たった場合
ロボットカーの運転が止まるように
プログラミングしました。
そして
その動作が効果的に作動するように
アーテックブロックで
ロボットカーにデザインしました。
 今回の取り組みで
子供たちは
具体的な物づくりを通して
様々なプログラミング思考を
身に付けていきました。
子供たちが身につけた
プログラミング思考で
これからどんな物や仕組みが
生み出されていくのか
楽しみです。

ICTクラブのこれまでの取り組みは
こちらをご覧ください。

また

2018年1月25日木曜日

オープンプラン6年生×プログラミング×Pyonkee

オープンプラン6年生
コンピュータの授業では
週1時間の授業の中で
プログラミングによる
ゲーム作成を行っています。

ここでは
iPadプログラミングアプリ
Pyonkee「ピョンキー」
を使用しています。
第2回目の公開授業でその様子を
ご覧頂きましたが
子供たちの作品が完成しましたので
今回その一部をご紹介します。

第1回目の課題は
iPadの特性を生かした
「リフティングゲーム」です。
課題を達成した子供は
新しい課題として
「オリジナルゲーム」の作成
に入っています。

2020年から小学校における
プログラミングの必修化が
始まります。

オープンプランの子供たちは
プログラミング思考に磨きをかけ
様々なアイデアを
ゲームやクイズアプリなどの
具体的な形にしていきます。

その様子はこちらをご覧下さい。
http://katoh-elementary.blogspot.jp/2018/02/6pyonnkee.html

今回使用した
Pyonkee(ピョンキー)
合同会社ソフトウメヤが
MITメディアラボの
Scratchソースコード
ライセンスに従って
Scratchをベースに開発した
iPad用のアプリケーションです。
AppStoreから無料で
ダウンロードできます。

詳しくは
以下のWebサイトをご覧ください。

http://www.softumeya.com/pyonkee/ja/

https://twitter.com/PyonkeeTeam


2018年1月19日金曜日

第39回ジュニア県展美術の部 特別賞・銀賞・銅賞受賞

1月10日の
静岡新聞紙面にて

静岡県小中学生
美術・書写作品コンクール
ジュニア県展
の受賞者が発表されました。

応募総数3648作品の中から
本校児童3名が受賞しました。

本校
オープンプラン5年生
若林優衣さん
が美術の部において
県町村会長賞
を受賞しました。
小人の汽車

同じく美術の部において
オープンプラン6年生
塚本はるかさんが銀賞

オープンプラン4年生
本柳亜呼さんが銅賞

を受賞しました。

おめでとうございます!

なおジュニア県展の受賞作品は
2月6日~12日10:00~17:00
静岡県立美術館県民ギャラリーに
展示されます。

2017年12月20日水曜日

ICTクラブ×ロボットプログラミング×アーテック

2学期からICTクラブでは
アーテック社
ロボットプログラミングを
活用した活動が
始まりました。

クラブ活動は5~6年生の
週1時間の活動です。

ICTクラブには
5年生5名・6年生4名の
男女9名が所属しています。

1学期はiPadでムービーを作ったり
スクラッチベースのプログラミングで
ゲームを作る活動を行いました。
現在、第3のプロジェクトとして
アーテック社のロボットカーを
活用したロボットプログラミングを
行っています。
3人1グループでプログラミングと
車の設計デザイナーに分かれて
様々な課題にチャレンジします。
6Rのオープンスペースで
試行錯誤しています。
今後はさらに難易度の高い
課題を設定していきます。
そしてプログラミングによって
ロボットカーを自在に操ったり
デザインしたりする活動を